学校、受験、入試対策、社会歴史から一般教養まで幅広く発信しています。

目標を決めたら! 始めよう!タイムスはいつでも君の味方です!

メールフォームでも受付中

関塾TIMES

今月のタイムス

関塾タイムス特集記事

大学の学長、塾先生の勉学時代

関塾タイムス・イラストギャラリー

タイムス編集部だより

関塾

KANJUKUTIMES

tel06-6241-5050

〒541-0056
大阪市中央区久太郎町3-4-30
船場グランドビル六階

関塾

>>バックナンバーはこちら

 皆さんは、将来どんな職業に就きたいですか? そのために、大学ではどんな学部・学科で学ぶ必要があるでしょうか。また、その大学へ行くために、中学校や高校はどこを選択しますか?
  受験生にとって志望校選びは悩みの一つ。失敗したらどうしようと不安に思っている人も多いかもしれません。今回は、志望校選びについて考えてみたいと思います。将来を見据えて、じっくりと考えてみてください。

複数ある中高一貫校のタイプ

 中高一貫校とは、中学校から無試験もしくはそれに近い制度によって併設・連携する高等学校へ進学できるシステムがある学校のことです。近年では、私立だけでなく公立の中高一貫校も増えてきています。
  中高一貫校には、次のようなタイプがあります。

★私立の中高一貫校
@完全中高一貫校タイプ
  完全6年一貫教育を行い、高等学校での外部進学者(高校受験を経て入学した学生)を募集しないタイプ
  (少人数を募集する準完全中高一貫校もある)。
A併設型中高一貫校タイプ
  高等学校において、内部進学者と外部進学者のクラスが分けられる別クラス型と、同じクラスに編成される混合型
  (編成時期は学校によって異なる)がある。
★公立の中高一貫校
@中等教育学校タイプ
  6年間の中等教育を一体的に捉えて教育するタイプ。前期課程(3年間)、後期課程(3年間)とそれぞれを呼び、前期課程の修了
  者には中学校卒業と同じ資格が認められ、他の高等学校への受験も可能。東京の国立学校に、東京大学教育学部附属中等
  教育学校、東京学芸大学附属国際中等教育学校がある。
A併設型中高一貫校タイプ
  都道府県や市町村において、同じ設置者が中学校と高等学校を併設したタイプ。高等学校では内部進学者と外部進学者が一緒
  に教育を受ける。ほとんどの学生が併設の高等学校へ進学するが、外部の高校を受験することも可能。
B連携型中高一貫校タイプ
  中学校から連携する高等学校へ、調査書などの書類を提出するなどして簡単な審査で進学できる。

 受験者の多くは、難関・有名大学への進学実績を参考に、志望校を決定することが多いようです。また、長引く不景気の中、理系志向も上昇傾向にあります。中学校を選択する時点で、大学進学までを明確に見据えている(中には進学する大学や学部まで決めている)人が増えてきているのかもしれません。
  中高一貫校の最大のメリットは、6年間のカリキュラムで教育が行われることです。高校受験を考慮しなくていいので、授業の進度を6年間通して設定することができます。また、中学1年次から担当教員が持ち上がる学校もあり、生徒一人ひとりの得意や苦手を把握し、個性を引き出せるという点も魅力です。
  志望校選びに際しては、公立、私立それぞれの特徴をしっかりと把握しましょう。校風やカリキュラム、進学実績だけでなく、通学時間など様々な面から総合的に判断してください。オープンスクールで学校の雰囲気を体験することや、プレテストに参加して入試の出題傾向を知ることも大切です。もちろん、中高一貫教育を選ばないという選択もあります。保護者の方や学校、塾の先生とよく話し合いながら、自分に合った学校選びを心がけてください。

 

高大連携と進路選択

 高校生にとって、文理選択は進路を決定する上で大きな通過点になります。学校によって選択の時期、選択後のクラス分け(国公立大コース、私大コースなど)も異なりますから、できれば早い段階から文理選択について考えておくことをおすすめします。
  また、文理選択においては、「数学が苦手だから文系に」などのような消極的な考えは避けましょう。文系学部でも数学や理科の知識が必要な場合もありますし、理系学部でも国語や英語の知識が必要です。大学で何を学びたいのか、その学びをどのような職業に活かしたいのかを考えて選ぶのがベストです。そのためにも、大学見学の機会を設けましょう。文理選択をする前に大学の雰囲気を知っておくことは、とても役立ちます。最近では特に高大連携の取り組みが進んでいて、提携大学の協力で独自の学校見学プログラムを用意している高校もあるようです。今回は、大阪にある上宮中学校・高等学校にお邪魔して、進路選択についての取り組みを取材してきました。私立の中高一貫校ならではの独自の取り組みを参考に、皆さんも進路選択について考えてみてください。

 

大学選択とその時期

 来年度に大学受験を控えている皆さんは、年間スケジュールや大学選択の時期についてなど、24ページの「役立ち大学情報」をぜひ参考にしてください。ここでは、志望学部や学科を決める際のポイントについて紹介します。「大学で何を学びたいか」が明確ではない人は、興味のある職業から辿ってみるといいかもしれません。「この職業に就くためには、どの学部・学科で学べばよいのか」、「必要な資格は何か」を調べます。大学の学校案内やホームページには、卒業生の進路も紹介されていますので参考にしましょう。

 

上宮中学校・高等学校(大阪)

「生徒本人の意志を上手に引き出して、
 進路決定をサポートします」

入試対策部 部長
相本 秀彦 先生

10年、20年先の未来を見据える

 上宮中学校・高等学校は、創立120年以上の伝統がある男子校でしたが、2011年に共学校となり生まれ変わりました。もともと礼儀正しく真面目で明るい生徒が多かったのですが、共学になったことでより活気が出たと思います。今回の取り組みは各メディアにも注目していただきました。教員の意識も大きく変わったと思います。共学になってまだ3年ですから、これからどう発展させ、充実させていけるかが課題ですね。
  中学入試では、小学校での基礎学力をベースに応用力を試します。学校での学習内容をしっかり理解しているか、その知識を他の問題に活かすことができるかをみています。入学後は、当校が教育の真髄として掲げる「全人教育」――『知育』、『徳育』、『体育』のバランスを重視する教育をもとにカリキュラムを進めます。学力だけでなく、体力や健康、心の成長も丁寧に見守っていこうというのが、私たちの方針です。生徒一人ひとりの個性を大切にして、大学進学だけでなく10年、20年先の未来まで見据えていけるような教育を目指しています。そういった意味でも、進路選択については時間をかけて取り組んでいます。

 

将来の目標を実現するために大学を選択する

 上宮中学校の生徒は、基本的に全員が上宮高等学校へ進学します。6年間の一貫教育で高度な学力を身につけ、心身の成長を目指します。授業時間は他校よりも多いのですが、進度についてはその時間が多い分、先に進んでいる程度です。生徒全員が学習内容をしっかりと把握し、取りこぼしのないように徹底的にサポートしています。
  このようなカリキュラムの中、中学校の生徒たちは、月に1回、総合学習の時間に進路について考えています。文理選択や大学、学部の決定は高校生になって行いますが、中学校では、まず自分のことをよく知ること(興味があることを自覚し、適性を知るなど)、計画的な学習の習慣を身につけることから始めます。
  当校にはオリジナルの「進路ノート」があり、自分の行動を振り返る作業をします。ノートには文理選択について、大学での学びについてなど、進路を考えるページもありますので、段階を踏んで徐々に自分の将来や大学進学を意識できると思います。また、オリジナルのスケジュール帳には、1週間の目標と反省の他、毎日の学習時間の記録などが書き込めるようになっていて、教員と保護者が同じ情報を共有できるツールにもなっています。

 進路指導の時間についても、十分に確保しています。生徒の話を聞き、本当に行きたい大学はどこかを考えます。私は現在、高校3年生の看護系コースで国語演習の授業を受け持っています。共学1期生です。このコースは、当初は設置を予定していなかったのですが、看護の道に進みたいという生徒が集まったためできました。看護系といっても、看護師やマネジメント職などいくつか選択肢があります。ですから、進路指導では、大学入学後のミスマッチを防ぐために、目標とする職業に就くためにはどの大学へ進学すればいいのかを最優先に考えていきます。大学進学がゴールではなく、将来の目標を実現するための通過点であるという意識を生徒と教員が持ち、二人三脚で大学を選ぶのです。また、当校においては、教員と保護者との間の連絡も密に行っています。先ほどのスケジュール帳もそうですが、しっかりと情報共有ができているので信頼関係を築けているのだと思います。

オリジナルの「進路ノート」とスケジュール帳。「進路ノート」には、進学や職業について生徒が興味を持てるように様々な工夫がされています。

 

生徒の意志を尊重し進路決定をサポート

 上宮高等学校のプレップコースでは早い段階から大学での学びを意識し、1年生時から大学見学を実施しています。大学のオープンキャンパスと違う点は、ふだんの授業に参加することです。現役の大学生と一緒の教室で講義を体験することで、リアルな大学の姿を感じることができます。生徒たちは、受動的な勉強ばかりではなく、考えたり討論したりする能動的な大学の学びを体験するのです。当校では、連携する大学の協力を得て、工学部、文学部、法学部など、様々な学部を見学できるようにしています。
  受験を真剣に意識する時期は、それぞれだと思います。教員の立場としては、それをどれだけサポートしてあげられるかが大切です。時には背中を押してあげることも必要だと思います。そのためにも、ふだんから生徒との関係はしっかりと築いておきたいですね。以前、私が担任をしていたクラスに、勉強も部活動もまったく頑張れない生徒がいました。その生徒は、面談で私から注意を受けて一念発起。真剣に勉強に取り組み、合格ラインにまったく届かなかった関西大学に特待で合格しました。劇的な成長に驚かされましたね。また、こちらが心配になるほどおとなしい中学の生徒がいたのですが、ある出来事がきっかけで「僕が先生の期待に応えることができるのは、勉強だ!」と思ったようで、勉強を頑張った結果、高校生になった時には東京大学に合格するまでに学力がアップしました。
  これは塾の先生や、保護者の方にも言えることですが、進路選択には周りのサポートも大切ではないでしょうか。私も、生徒の意志を聞き、冷静なアドバイスができるように、これからも努めていきたいと思います。

上宮中学校・高等学校ホームページ http://www.uenomiya.ed.jp/

 

Page Top