学校、受験、入試対策、社会歴史から一般教養まで幅広く発信しています。

目標を決めたら! 始めよう!タイムスはいつでも君の味方です!

メールフォームでも受付中

関塾TIMES

今月のタイムス

関塾タイムス特集記事

大学の学長、塾先生の勉学時代

関塾タイムス・イラストギャラリー

タイムス編集部だより

関塾

KANJUKUTIMES

tel06-6241-5050

〒541-0056
大阪市中央区久太郎町3-4-30
船場グランドビル六階

関塾

>>バックナンバーはこちら

 

読書量、増えた? 減った?

毎年『関塾タイムス』7月号では、先輩塾生たちの合格体験記を特集しています。見事 合格を勝ち得た皆さんがそろって口にするのは、「志望校の過去問題を繰り返し解くことで、出題の傾向がわかった」というアドバイス。
なぜ、過去問題を繰り返し解くことが合格につながるのでしょう?
学校は、入学試験(入試)を通して、受験生にどのような力が備わっているかを見ています。
具体的には、長文読解力、計算力、表やグラフから適切に情報を抜き出す力、時事に関心があるかどうか、また、課題に対して自分の考えを論理的に述べる力などです。
それは、そのまま“学校が求める入学者像”につながります。つまり、過去問題を分析することで、志望校が入学してほしいのはどういった力を持っている人物なのかを把握できるのです。
2016年に本番を控えている皆さんは、本番ギリギリまで過去問題を見直すようにしましょう。
そして、来年の7月号では、ぜひ合格体験記をお寄せくださいね!

 

プレテスト・プレ入試

大阪府や兵庫県の私立中学校・高等学校を中心に、プレテスト(もしくはプレ入試)が行われています。入試本番と同じ会場で、同じ制限時間で実施されるテストです。当然、その学校を目指しているライバルたちが参加します。
そのほぼ全員が、本番でのライバルとなるでしょう。そして何より、プレテストの問題を作成するのは、入試問題の作成を担当する先生です。
このことからも、受験生にとっていかに重要な機会であるかがわかります。
また、プレテスト後には解説授業が行われ、各科目の成績や平均点を知ることができ、先生からのコメントがもらえる学校もあります(解答を郵送する場合もあります)。
プレテストは、関東の一部の学校でも実施しているので、入学希望者は積極的に参加してください。
志望校のホームページでは、入試の項目をしっかりとチェックしましょう!
次のページから、例題を見ながら“出題者の意図を確かめる”練習をしてみましょう。

 

南山高等・中学校女子部
愛知県名古屋市昭和区隼人町17  ☎ 052-831-0704
http://www.nanzan-girls.ed.jp

 

聖徳大学附属取手聖徳女子中学校・高等学校
茨城県取手市山王1000  ☎ 0297-83-8111
http://www.seitoku.jp/toride/

 

金蘭会高等学校・中学校
大阪府大阪市北区大淀南3-3-7  ☎ 0120-302-814(フリーダイヤル)
http://www.kinran.ed.jp

 

東洋大学京北中学高等学校
東京都文京区白山2-36-5  ☎ 03-3816-6211
https://www.toyo.ac.jp/toyodaikeihoku/

 

Page Top