>>バックナンバーはこちら

 

自分に合った学校探し

受験を控えている皆さん、そろそろ志望校を絞り込んでいく時期ですね。模試を受けたり、学校や関塾の先生、保護者の方と相談したりして、候補をあげているところでしょうか。
この特集では、中学・高校の志望校選びのポイントを紹介します。 偏差値や通学時間はもちろん、校風、コースやカリキュラム、先輩の進学・就職先、指定校推薦枠などなど、様々なポイントを総合して、自分に合った進学先を探しましょう。今回は、実際にいくつかの学校からお話を伺いました。伝統が育んだ校風、各分野に強い特色ある カリキュラム、海外研修や修学旅行など力を入れている行事、どれも魅力があります。
各学校を志望 校候補にと考えている人はもちろん、そうではない人も自分の志望校候補と比べながら読んでみましょう。学校選びのポイントが見 えてくるはずですよ!

 

明治時代から続く伝統校

本校は、1888(明治21)年、英国聖公会の宣教師エドワード・ビカステスにより、キリスト教の「隣人愛」精神と日本の礼法の「もてなしの心」を教える女子校として開かれました。*中高一貫教育を徹底しており、中等科と高等科の生徒たちは同じ校舎で学び、行事も合同で行います。
本校の生徒たちは、優しくて朗らか。1学年170名、各学年4クラス編成のアットホームな雰囲気の中で、どの生徒も楽しく学校生活を送っています。また、入学したばかりの中等科1年生には、高等科3年生が学校生活などのアドバイスや指導を行いますので、本校での生活にすぐに慣れることでしょう。この上級生が下級生を指導するプログラムを「BIGSISTER制度」と呼びます。高等科3年生が中等科1年生各クラスに6名ずつ配属され、朝の点呼から礼拝終了時までの指導、放課後の清掃指導と点検などを任されます。下級生の勉強を見る学習ボランティアも定着。学年を超えた絆が生まれています。

生徒たちにとっての楽しみは、何といっても1年を通して様々なことに取り組む学校行事。特に、本校のバザーは、1903(明治36)年より100年以上続いている伝統行事です。
生徒たちは、当日、自作の品を販売したり、調理をしたりします。保護者や校友生(卒業生)も参加、大変賑わいます。他者を思いやる心が奉仕の働きとなった行事で、売り上げはすべて寄付されます。

また、学年対抗の運動会は、エール交換が見どころの一つです。各学年が創造力を発揮して趣向を凝らし、練習を重ねていくうちに、一体感が生まれます。工夫たっぷりの発表や模擬店が並ぶヒルダ祭(文化祭)も大盛り上がり。
このヒルダ祭は生徒会が主催します。生徒たちは1学期から準備を始め、本番までにリサーチ力、粘り強く話し合い意見をまとめる力などを養います。質の高い文化の発表の場であり、毎年好評です。

大学受験のためのカリキュラム

本校では、高等科2、3年生次には大学受験用のカリキュラムを消化します。
例えば、高等科2年次の必修総合英語は、英国人教員が英作文を直接指導、環境・社会問題などについての自由作文の練習をします。高等科3年次の必修総合英語では、同じく英国人教員がリスニング対策、英語による面接練習などを実施します。
高等科3年次の夏期講習からは、受験生限定のプログラムが組まれ、補習と個別指導を加えて進路対策を行います。進学先については、同じ聖公会に属する立教大学に80名の指定校推薦枠があります。その他、国際基督教(キリストきょう)大学、中央大学、学習院大学、青山学院大学、東京薬科大学、津田塾大学など多数の可能性を用意していますので、教員と相談しながら進学先を定めていきましょう。

本校では、高等科2、3年生次には大学受験用のカリキュラムを消化します。
例えば、高等科2年次の必修総合英語は、英国人教員が英作文を直接指導、環境・社会問題などについての自由作文の練習をします。高等科3年次の必修総合英語では、同じく英国人教員がリスニング対策、英語による面接練習などを実施します。
高等科3年次の夏期講習からは、受験生限定のプログラムが組まれ、補習と個別指導を加えて進路対策を行います。進学先については、同じ聖公会に属する立教大学に80名の指定校推薦枠があります。その他、国際基キリストきょう督教大学、中央大学、学習院大学、青山学院大学、東京薬科大学、津田塾大学など多数の可能性を用意していますので、教員と相談しながら進学先を定めていきましょう。

キリスト教の教えに基づく教育

受験生の皆さんには、本校の取り組みを知っていただき、志望校選択の参考にしていただきたいと思います。本校では、キリスト教の教えに基づく教育、女子校ならではの学習などが特徴です。毎朝の礼拝では、生徒たちはオールター当番・聖書朗読者・オーガニストなどの仕事を担います。終礼の際に行われる「終業の祈り」は、クラスの宗教委員が主導します。
キリスト教の教えに基づく教育を、教員と生徒が共に実践していきます。また、自分を豊かにする学び方を身につける「SE学習」も実施。中等科2、3年生~高等科2年生までが、茶道や華道などを通して、積極的な姿勢で学習に取り組むことを覚えます。
生徒にとってもやりがいのある時間となっています。

東京都品川区旗の台6-22-21 TEL:03-3786-1136
http://www.koran.ed.jp
 
 
 
 

キリスト教精神に基づく教育

本校は、1932(昭和7)年に創立したミッションスクール旧制南山中学校を起源(きげん)に持つ、中高一貫教育の女子校です。キリスト教精神に基づく理念 「人間の尊厳のために」を高く掲げ、毎朝の朝礼・終礼時の聖歌とお祈りの他、クリスマス聖式などキリスト教の儀式に則った行事などがあります。
生徒たちは、学校生活の中で互いに協力し合いながら、自主性を育んでいます。四季を通して学校行事を企画運営するのは、基本的に生徒たち自身。

それぞれが役割を果たしながら、アイディアを実現していきます。女子部の校訓は、「高い人格」「広い教養」「強い責任感」であり、物事の流れを正しく読み取り、相手の気持ちを思いやれる能力を高めようとする志のある生徒の入学を希望しています。入学試験では、文章を総括的に把握でき細部のつながりもしっかりおさえられる読解力、確実で迅速な計算力などを試す中で、求める人物像を見い出していきます。

医学部に進む生徒が多い

本校では、中高共に英語教育に定評があります。また、女子高では珍しく、大学では理系学部を、特に医学部医学科を志望する生徒が多いのも特徴です。指定校推薦は医学部枠も充実しています。
カリキュラムについては、まず中学校の3年間は基礎学力の定着を重視します。さらに少人数での英会話授業にも力を入れており、国際的視野を育みます。高校からは、進路を見据え、生徒一人ひとりの志望に合わせて指導をします。

高校1年次に南山大学の様々な講義を体験する「南山大学土曜セミナー」では、実際の大学での学びを通して、進学後の自分の姿を思い描くことができます。また、高校1年の4月には、1泊2日で京都を訪(おとず)れオリエンテーション合宿を実施。
卒業生を宿舎に招いて行われるパネルディスカッション、京都大学をはじめとした大学訪問などを通して、進学について具体的に考えることができます。

愛知県名古屋市昭和区隼人町17 TEL:052-831-0704
http://www.nanzan-girls.ed.jp
 
 
 
 

「男の絆」は一生の宝物!

創立以来、少人数教育を貫く中高一貫の男子校です。男子校ということもあり、生徒たちはのびのびと学校生活を送り、勉学にクラブ活動にと積極的に取り組んでいます。
本校では、新たに「文化スポーツ優遇制度」を設立しました。これまでがんばってきた文化・スポーツ活動を活かして、入試の得点や内申点を優遇する制度です。

この制度を利用して入学した生徒たちは、硬式野球部・サッカー部・ソフトテニス部・水泳部などで活躍しています。中でもソフトテニス部は、全国私学大会に3年連続5度目の出場を果たす強豪校にまで成長。また、設立間もないアメフト同好会からは、関西の強豪大学に進学した生徒もいます。季節ごとの学校行事も大盛り上がり。体育祭では、練習から本番にかけて仲間と共に汗を流す中で「男の絆」が生まれます。友情は一生の宝物です!

自慢の留学プログラム

本校の入試では、基礎学力をしっかり身につけているかどうかを試します。何より日々の授業でしっかりと学び、目標に向かって計画的に学習できる生徒に来てもらいたいと考えています。英検準2級以上を取得していれば、オーストラリアで3か月を過ごす留学プログラム(*GSP)にも参加できます。
英語力がつくだけでなく、人生観を変えるほどの大きな体験もできますよ。
本校では、高校2年次より、志望大学に応じて難関大学突破コースと私大合格コースに分かれます(文理別)。
また、高校2年次の秋からは「大学現役合格に向けた400日プラン」がスタート。センター試験直前の約400日間をかけ、計画的に大学入試の準備をします。また、中央大学法学部の4枠をはじめ、東京理科大学、青山学院大学、学習院大学、法政大学、成蹊大学など、約90大学の指定校推薦枠がある点も特徴です。

東京都東村山市富士見町2-4-12 TEL:042-393-5611
http://www.meiho.ed.jp
 
 
 
 
 

『関塾タイムス』がおすすめする、不正解だった問題を復習するための「まちがいノート」の基本の形です。上に問題、左に考え方や解き方、右に先生から教えてもらったポイントなどをまとめます。どの教科にも応用できます。ノートのまとめかたがわからないという人は、まずはこの基本の形を参考にしてみましょう!

 

 

暗記が苦手な人のためのノートです。意味や背景がわからないまま暗記をしても、模試や入試ではうまく得点につながりません。ただ覚えるのではなく、内容をしっかりと理解しましょう。
教科書や参考書では、関連する内容が複数ページに分かれて書かれていることがあります。これらを1ページにまとめると、理解して覚えるのに役立ちますよ。

 

 

5ページで紹介した「まちがいノート」の応用形です。解けなかった、理解できなかった問題などを一覧にすることで、弱点が一目でわかります。また、ルーズリーフやカードなどに書けば、参考書や問題集にはさんで持ち運べます。
カードなら手帳にはさむこともできますね。表は使いやすいように工夫して作ってみましょう。

 

 

取りはずして使えるといえば単語カード。「今日覚えると決めた分だけ」や「志望校の過去問題だけ」など、勉強の目的に応じて束にして持ち歩くといいですね。覚えたカードをどんどんはずしていき、束が薄くなっていくのを実感できると、
自信にもつながります!

 

 

単語カードよりも大きいので使い勝手の幅が広がるアイテムです。リングに通して束にして持ち歩いてもいいですし、ルーズリーフと一緒にとじて使うこともできます。授業ノートがルーズリーフという人は、復習で補足したことなどを書き込む用にするといいですよ!

 

 

関塾に通いたい方

関塾で働きたい方

バックナンバー

協力校

Page Top