>>バックナンバーはこちら

 

日本の伝統行事を知る

 日本の伝統行事は、四季の農作業に関わることが主な起源となっています。先祖の霊を迎える「お盆」、
子どもの健やかな成長を願う「端午」など、皆さんが親しんでいる行事も多いですね。
 行事の飾かざりや食べ物などには、それぞれ意味や願いが込こめられています。今回は、正月、ひな祭り、端午、お盆について調べてみました。「なぜ正月には鏡餅を飾るの?」「どうしてお盆にはキュウリとナスで動物を作るの?」など疑問に思っていることはありませんか? 
伝統行事のことを知り、興味を深めてみましょう!

 

●お節料理

 朝廷の行事・節会えで出されていた料理が起源とされています。重箱にお節料理を詰めるようになったのは、明治時代以降だそうです。お節料理のうち、「元気に働けますように」という願いが込められているのは黒豆です。黒は昔から魔除けの色とされてきました。
また、“まめ”という言葉には丈夫、健康という意味があります。田作りは、ごまめ(イワシの幼魚)を使った料理です。カタクチイワシを田んぼの肥料にしたところ豊作になったことから、
五穀豊穣を願っています。この他にも、昆布巻きやブリの焼き物など、一つひとつの食材に意味があります。

●鏡餅

 年神への供え物である餅を、家族で分け合って食べ、豊作や繁栄を願うための正月料理です。
神様から力をもらって、その年を元気に過すごすために食べます。地域によって、食べ方や、餅以外に入れる具材が異なります。

●雑煮

 年神への供え物である餅を、家族で分け合って食べ、豊作や繁栄を願うための正月料理です。
神様から力をもらって、その年を元気に過すごすために食べます。地域によって、食べ方や、餅以外に入れる具材が異なります。

●年賀状

 新年に送られるハガキやカードのことです。
お世話になっている人に、旧年中の感謝と、新年を祝う言葉を書きます。昔は、新年の挨拶をして回る風習がありましたが、遠方の人には文書を送っていたそうです。

●お年玉

 お年玉の由来には、いくつかの説があります。
「たま」は魂のことで、年神に供えた餅を分けていただくことで霊魂(=力)をいただいた説が一つ。他に「年のありがたい賜物」だからという説もあります。

●羽子板

 お正月の遊びの一つ、羽根突き。この羽根突きをする羽子板を、厄払いや魔除けとして飾る習慣があります(飾り羽子板)。

●破魔矢

 かつて宮中で、正月に弓の技を試す「射礼」という競技が行われていました。その射礼で使うハマ弓とハマ矢から、魔を破るという意味があるとされ、魔除けの飾りとして広まりました。その年の凶方位(悪い方角)に向けて飾るなどします。

 
 
 

●ひな(雛)人形

 ひな祭りの起源は、はっきりとはわかっていません。一説には、平安時代の貴族の子女が、紙などで作った人形で遊んでいたこと(ひいなあそび)から始まったとされています。
平安時代には、紙で作った人形を川へ流す「ながしびな」という厄払いの風習もあり、これらが結びついたようです。ひな人形は、平安貴族(宮中の殿上人)の姿を表していますが、女雛などは一般的に江戸時代にできた髪型をしています。

●菱餅

 菱餅は、ひな人形と一緒に供える、ひし形をした餅です。もともとは三角形だったのが、水草の菱の繁殖力にあやかって、ひし形になったとも言われています。ピンク(魔除け)・白(清浄)・緑(健康や長寿)の3色に分かれているものが一般的ですが、2色や5色のものもあります。色に込められた意味にも諸説あります。

●ひなあられ

 ひな祭りの起源となった人形遊びの中には、「ひなの国見せ」と呼ばれるものがありました。人形を連れ出し、外の景色を見せてあげる風習です。この時に持って行ったお菓子が、ひなあられの由来とされています。菱餅と同じ3色のものが広く知られていることから、菱餅を外で食べるために砕いて作ったという説もあります。

●はまぐりの吸い物

 対になっている貝でなければ、ピタリと合わないはまぐり。夫婦円満、一生に一人の相手と仲良く添い遂とげるという意味があり、縁起物とされています。

●ちらし寿司し

 エビ(腰が曲がるまで長生きできますように)、れんこん(見通しがききますように)、などの願いが込められた具材が入っています。

 
 
 
 

●菖蒲

 端午(端午の節句)は中国で始まったとされています。川に身を投げた詩人の屈原を供養したことから、現在の風習につながったようです。端午には菖蒲や蓬を軒につるします。また、菖蒲の葉や根を束ねて浮かべた菖蒲湯に入ると、暑い夏を健康に乗り切ることができるとされています。

●兜

 端午に男子の成長を祈願するようになったのは、江戸時代以降のことです。菖蒲と尚武(武道を重んじること)をかけ、武士の間で縁起が良いとされました。
 兜や鎧は、武士にとって命を守る大切な道具でした。端午には、兜の飾りものや、鎧兜を着た武者人形などを飾ることで、無事に過ごせますようにと願いを込めます。

●こいのぼり

 中国に「登竜門」という故事があります。
「鯉が竜門という急流を登りきり竜になった」という言い伝えから生まれたそうで、鯉は出世の象徴とされてきたそうです。もともとは黒い真鯉だけでしたが、明治時代から緋鯉を、昭和に入ってからは子鯉を、大きさの順に並べる形が広がりました。

●ちまき・柏餅

 ちまきは、端午の由来となった屈原を供養するため、川にちまきを投げたことが起源とされています。柏餅は、子孫繁栄を願って食べる和菓子です。柏は、昔から神が宿る木とされ、新芽が出るまで古い葉が落ちないことから「家系が続く」縁起物とされてきました。

 
 
 

●精霊棚

 お盆には、祖先の霊を迎えるための精霊棚を準備します。一般的には、台の上に真菰のゴザを敷き、四隅に葉の着いた青竹を立てて注連縄を飾り、先祖の位牌や仏具を置きます。
精霊棚には、先祖の霊に食べてもらうため、いろいろな食べ物を供えます。水の子は、さいの目に切ったナスやキュウリなどを、洗った米と混まぜたものです。ハスの葉を敷いた器に盛りつけます。
小さく切ったり、水に浸したりするのは、たくさんの霊に食べてもらうために、食べ物が喉に通りやすいようになどの意味が込められているからです。

●精霊馬

 精霊馬と呼ばれる、キュウリとナスを動物に見立てたものを用意するのも、一般的な風習です。先祖の霊を早く迎えに行くための馬(キュウリ)と、ゆっくり送り出すための牛(ナス)に見立てています。

●迎え火、送り火

 一般的に、お盆は8月13日から16日の期間です。13日には、先祖の霊を迎えるための迎え火を焚きます。
多くは、家の入口などで、素焼きの皿に麻の茎(オガラ)を折って乗せ、火をつけます。16日には送り火を焚きます。京都の五山の送り火などが有名ですね。
 先祖の霊は、灯りを目印にして帰って来るといいます。そのため盆提灯を飾る家も多くあります。精霊棚にホオズキを飾るのは、提灯に見立てているためです。

 
 

 行事と食べ物

今回は、正月、ひな祭り、端午、お盆について紹介しました。これらの行事には、食べ物が欠かせないことが、よくわかりますね。
 行事や特別な日に食べる、特別な料理のことを行事食と言います。今回紹介した料理の他にも、日本には、たくさんの行事食があります。例えば、1月7日の行事食に七草粥。7日の朝、七草(セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、
スズナ、スズシロ)が入った粥を食べ、1年間の無病息災を願います。昔は、冬に青物が不足しがちだったので、薬草でもある七草の若葉を摂取して、健康を保とうという意図とがあったようです。
また、日本には、春と秋に彼岸という風習があります。彼岸には、先祖の霊を供養しますが、その時に食べる行事食が牡丹餅とお萩です。どちらも同じ食べ物ですが、それぞれの時季に咲く牡丹(春)と萩(秋)に見立てて呼び方を変えます。
赤い小豆には魔除けの意味があり、「災いがふりかかりませんように」という願いを込めて食べます。
他にも、大晦日かに食べる年越こしそば、七五三でいただく千歳飴も行事食です。行事と食べ物の関係を調べてみると、面白いですよ!

 
 

関塾に通いたい方

関塾で働きたい方

バックナンバー

協力校

Page Top