関塾 Dr関塾が発行する塾生のための関塾タイムス

目標を決めたら! 始めよう!タイムスはいつでも君の味方です!

メールフォームでも受付中

2013年8月
« 7月   9月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

関塾TIMES

今月のタイムス

関塾タイムス特集記事

大学の学長、塾先生の勉学時代

関塾タイムス・イラストギャラリー

タイムス編集部だより

関塾

KANJUKUTIMES

tel06-6241-5050

〒541-0056
大阪市中央区久太郎町3-4-30
船場グランドビル六階

関塾

食欲の秋、読書の秋とは昔からよく言われていますが、関塾では学習意欲が少なくなりがちな時期に、生徒さんたちが発奮して勉強を頑張ってほしいという願いを込めて、解欲旺盛編というポスターを作成しています。絵柄と標語がユニークな為か、人気のあるポスターなんですよ(^^)


2013年8月29日  9:15 AM |カテゴリー: お知らせ

毎月関塾タイムスでは10名の方に豪華プレゼントを送っています!

クロスワードや算数クイズの正答者、アンケートに答えてくれた方、大学のオリジナルグッズを希望された方、そしてイラストの金賞に輝いた方が対象です。

毎月多くのハガキを頂くため、当選者を選ぶのに1日かかり、さらにプレゼントの準備、発送手配などでかなりの時間がかかります。毎月のプレゼントを楽しみにしてくださっている関塾生のために、関塾タイムス編集部は一生懸命頑張っています(^-^)


2013年8月28日  9:15 AM |カテゴリー: お知らせ

今日も関塾タイムス編集部に素敵な写真が届きましたのでご紹介したいと思います。

関塾に通ってくださってから3年間がたち、すごく楽しく通ってくれているという、うれしいメッセージ付です。くまのプーさんの絵もかわいいですね♪

これからも関塾で頑張って勉強して下さいね☆


2013年8月27日  9:15 AM |カテゴリー: イラスト紹介

楽しい夏休みものこり1週間!

9月に入っても暑い日が続くとの予報がでていますが、学校によっては文化祭や体育祭・運動会が目白押しです。様々なイベントが有る中でも、勉強も忘れずにやっていきたいですね。

今回は、9月にやるべき事をまとめてみましたので、参考にしてみて下さいね。また、関塾の先生たちにも2学期の過ごし方を気軽にきいてみてくださいね☆

  1.  中3生は2学期の定期テストが内申点アップのラストチャンスです。試験範囲の復習はもちろんのこと、重点項目のチェック、類似問題の演習などしっかりと行って下さい。
  2.  中3生は受験校の過去問題を入手し、できる範囲で解いてみましょう。この教科は何点という目標を立て、それに向けて苦手分野の克服等を図って下さい。
  3.  志望校の説明会・オープンキャンパスに参加してみましょう。受験に有益な情報が得られるかも??日程については各学校のホームページなどを参考にして下さい。


2013年8月26日  9:15 AM |カテゴリー: お役立ち情報

まだ気が早いと思われるかもしれませんが、夏期講習会がおわったらすぐに2学期の中間試験があり、その後は秋期講習会に移行します。秋期講習会は冬期講習会・入試直前講習会にスムーズに移行するために、苦手分野の発見・克服などにとても効果的です。

全国の関塾教室では秋期講習会が好評受付中です!お問い合わせは最寄りの関塾教室へ☆


2013年8月23日  9:15 AM |カテゴリー: お知らせ

夏期講習会も残すところあと2週間を切りました!

皆さんは勉強だけでなく、部活動や旅行など多方面にわたって充実した夏休みを過ごされていることと思います。

気持ちよく2学期を迎えられるよう、のこりわずかとなった夏休みを充実したもとのとしてくださいね(^^)


2013年8月22日  9:15 AM |カテゴリー: お知らせ

関塾タイムス編集部ロッカーには、これまでの関塾タイムス発刊にかかわる資料やバックナンバーが保管されています。

昨日、そのロッカーを整理していたのですが、皆さんにとって珍しいと思われるものを発見しましたので、今回ご紹介いたします。

ご紹介するのは、関塾タイムスの平成9年9月号です!!これより古いものもありますが、キリのいいバックナンバーとしてご紹介させていただきました(^O^)

関塾タイムスはその時代や、皆さんからのご要望にお応えしながら、発刊から今に至るまで少しずつかたちを替えて愛されてきました。

関塾タイムス編集部はこれからも関塾と皆さんをつなぐ情報誌として、一生懸命努力していきます!


2013年8月21日  9:15 AM |カテゴリー: バックナンバー

早いもので、楽しい夏休みもあと2週間もすれば終わりです。

学校によっては、2学期に入ってからすぐに定期テスト(中間試験)がありますね。

夏期講習会ではこれまでの復習を中心に学んでこられたことと思いますが、学校の定期テストは、指定された範囲の課題がテストとして出題されるもので、夏期講習会とはまた違った学習方法が必要です。

2学期以降の定期テスト対策も、関塾の定期テスト対策講習会でバッチリ☆

わからないところも、関塾の先生で聞いて、万全の状態でテストに臨みましょう!!


2013年8月20日  9:15 AM |カテゴリー: お知らせ

おはようございます、関塾タイムス編集部です。

全国の関塾生の皆さんは夏期講習会真っ盛りで、今まで以上にたくさん勉強されていることと思います。勉強は順調に進んでいますか??

関塾タイムス編集部には、夏休みにも関わらず連日たくさんの投稿ハガキが届いています。

イラストを送ってくれる方、タイムスのアンケートや、クロスワードクイズの答えを送ってくれる方、様々です。

関塾タイムス編集部では、全てのハガキに目を通しています。皆さんハガキを送ってくれてありがとうございます☆


2013年8月19日  9:15 AM |カテゴリー: お知らせ

関塾タイムスバックナンバーの中で、夏期講習会以降の学習方法についてまとめた記事がありますので、皆さんの参考になればと思い、引用してご紹介したいと思います。文字が多くて、読むのが大変かと思いますが、頑張って読んで頂き、成績UPに結び付けて下さいね!!

これから夏休み前の授業よりも発展した、一番重要な単元を習いますので、自分なりの学習法を身につけなければなりません。そこで今回は、三学期制の学校では二学期の、二学期製の学校では前期後半の学習法を紹介したいと思います。また中学一年生から三年生には、二学期中間テストの対策法と対策問題を用意しましたので、活用してください。

夏休み前同様、テスト前に慌てて勉強すると、時間がなくて間に合わなくなってしまいます。テスト前にたくさんのことを調べなくてはならず、勉強が思うようにはかどらなくなるのですね。とくに夏休み以降は発展的な内容になるので、内容を理解するのに時間がかかることもしばしばあります。わからないことは山積みにせず、すぐに学校や塾の先生にたずねることを心がけましょう。

また、夏休み前よりもさらに余裕をもってスケジュールを組む必要があります。遅くとも二週間~三週間前から、テスト範囲を復習する計画を作成しましょう。そして、計画を立てるときに目標も設定しましょう。次のテストでは、前回よりも何点上げる、平均点よりも何点多くとるなど、目標があれば、計画も立てやすく学習もいはかどります。
 まず主要三教科(国語・数学・英語)の学習計画を書きだし、そのあとに各教科まんべんなく具体的な学習計画を立てましょう。そのとき、テスト前日までに暗記が終わる、というようなスケジュールをたててはいけませんん。テストでは、学校で習ったことを覚えるだけでなく、それを使って問題を解かなければなりません。つまり、暗記だけでなく、その知識を使う練習をする必要があるのです。ですから、テスト数日前に暗記を終わらせ、残りの日は実際に問題を解きながら、暗記した内容を確認してみましょう。

さらに、暗記はできるだけ毎日やるように心がけましょう。テスト直前まで放っておくと、暗記しきれなくなるからです。少ない量でかまいませんから、毎日コツコツと覚えていきましょう。暗記は机に向かってやるだけでなく、いろいろなところでできます。通学中、休み時間などの空いた時間に済ませてしまうとよいでしょう。


中学3年生

 秋は、内申書に影響する大切な時期です。内申点は高校受験での大きなポイントとなります。
 最近では、私立高校の入試において、「自己推薦制度」を用いる高校が多くなっています。この制度は、通知票や、学校外の業者テストの成績をもとに、自分で高校に推薦を申し込む制度です。自己推薦できるように、自分の武器になるものをつくりましょう。
 忙しい時期ですが、勉強のペースをくずさないようにしましょう。「すでに入試はスタートしている」ということを肝に銘じておいてください。

英語


 教科書は何度も音読しましょう。同時に教科書の特別な言い回しや基本文を覚えておくと、英作文にも役立ちます。また、テレビやラジオ番組を利用してヒアリングになれておきましょう。
 最近の入試では対話文や表、地図、グラフなどを見ながら問いに答えるような問題が多く出題されています。内容をすばやく的確に把握するために、たくさんの問題に挑戦し、実戦的な力を身につけましょう。
 不定詞ではIt~for・・・ to-, so ~ that・・・, too~to・・・,などの文の訳し方、書き換え問題の練習をしてください。
 関係代名詞は主格、所有格、目的格の用法の違いをきちんと把握しておきましょう。二つの文を関係代名詞を使って一つの分にする問題や関係代名詞が省略されている問題に慣れておきましょう。また、thatしか使えない場合のポイントもしっかり理解しておいてください。

数学


 1. 式の計算、因数分解、平方根の計算問題は、復習としてくり返し出題されます。普段から計算練習しておくようにしましょう。

 2. 二次方程式の計算、文章題を完全に理解すること。計算問題においては平方完成、因数分解など、どの方法でも解けるように勉強しておきましょう。文章題では数の問題、面積の問題が中心となりますので、重点的に勉強しましょう。

 3. y=ax の関数は、文字式が表す意味を理解できるようにしてください。グラフの特徴を理解して不ラフをかいたり、グラフから関係式を求める問題を中心に勉強するとよいでしょう。

国語


 四字熟語、類義語、反意語などを覚えるようにしましょう。また、教科書の内容は、学校のプリントを見直すなどしてきちんと把握しておいてください。
 入試問題では作文を書く問題も出題されます。普段から、読んだ文章の要旨を百字くらいにまとめる練習をしておくと役立ちます。
 古文、詩歌の読解問題や文法問題も解いておきましょう。古典単語もしっかり暗記してください。

理科


 第一分野では、運動とエネルギーが試験範囲になる学校が多いようです。特に、運動エネルギー、位置エネルギーについて理解しておいてください。また、化学変化とエネルギーの関係についても理解しておく必要があります。
 第二分野では、生物と細胞の増え方が試験範囲になる学校が多いようです。生物の体をつくる細胞、生物はどうして大きくなるのかを理解しておきましょう。そして、動物と植物の細胞のつくりの違いや、細胞分裂の過程についても勉強しておくことが大切です。

社会


 地理、歴史の総合問題を解けるようんいしておきましょう。「戦後の世界と日本」「現代の世界」の「民族問題」や「核問題」「地球環境問題」は今さかんに議論されています。自分の意見が書けるように考えをまとめておきましょう。
 公民分野では、「現代の社会生活」について試験範囲になる学校が多いようです。「社会と文化」「情報化社会」「社会生活と家族」「家族生活と法」などの項目について自主的に勉強し、理解を深めていってください。

 

 部活動では三年生が引退し、二年生が中心になります。また、勉強でも入試において重要な単元を習います。特に英語や数学は「積み上げ」の教科です。ここでおろそかにすると、入試前に二年生の内容をもう一回やり直さなければならず、大きな負担になるのです。忙しい時期になりますが、勉強をおろそかにするようなことは絶対にしてはいけません。「授業で習ったことは授業中に覚える」という気持ちで、学校や塾の授業に集中するように心がけてください。

英語


 今まで学習した助動詞の使い方を完全に理解してください。特に書き換えができるものは必ずセットで覚えるようにしましょう。不定詞は「to + 動詞の原形」であることをきちんと確認して、三つの用法の訳し方や使い方の違いを完全に理解しておきましょう。文章の中に書かれている不定詞がどの用法かわかるまで、問題を解くようにしてください。また、動名詞「~ing」の形と不定詞の名詞的用法と書き換えができることなどのポイントをつかんでおきましょう。

数学


 1. 連立方程式は、まず教科書の例題、基本問題を理解しましょう。文章題の勉強はパターン別に式の作り方を勉強すると効果的です。数の問題、距離の問題、割合や食塩水の問題など。基本的な解き方を完璧に理解しておきましょう。

 2. 一次関数では、グラフを読んだり、かいたりする勉強を完璧にこなすことが大切です。グラフや表から関係式を求めたり、座標上の二点から計算を使って関係式を求めるなど、いろいろなパターンの練習をしておきましょう。この分野で大切なことは、一次関数の式y=ax + bに、問題文の値を代入して関係式を求めることです。
 また二つのグラフの交点の座標やX軸、Y軸との交点の座標を求める問題や、座標にできた三角形の面積を求める問題も勉強しておくとよいでしょう。

 

国語


 今まで学習した文法事項を復習してください。特に、それぞれの品詞の役割を覚え、主語、述語はどれか、修飾語がどこにかかっているかなどがわかるようにしてください。
 教科書の読解もおろそかにしてはいけません。授業内でまとめたノートやプリントの内容から出されます。授業をしっかり受け、欠かさずノートを取るように心がけましょう。
 古文を学習した場合は、現代文で内容を把握しておきましょう。そして、古文を読んだだけで現代語に訳せるまで読み込みましょう。

理科


 教科書、学校の進度によって違いますが、第一分野では、電流と回路、磁界が試験範囲になる学校が多いようです。電流が流れる時は、どんな時かを理解してください。また、回路図をかけるようにしておいてください。直流、交流の回路の流れについての理解も必要です。
 第二分野では、動物の行動とからだが試験範囲になる学校が多いようです。「消化」「循環」「呼吸」「排出」などの仕組みはしっかり理解しておきましょう。模式図では各名称をきちんと覚えなくてはいけません。また、消化液についても、どの器官で分泌されるかをまとめておきましょう。

社会


 地理では、ただ地名を覚えるだけではなく、「気候」「特産物」「おもな工業製品」など、その地方・地域ならではの特色について勉強しましょう。また、気候がその地方の「農業」「漁業」に大きな影響をもたらすことに注意しましょう。
 歴史では、安土桃山時代前後が試験範囲になる学校が多いようです。激動の時代だけに単に年号や人物を丸暗記するだけではなく、そのできごとの時代背景を調べたり、世界と比べてみたり、人々の暮らしや文化などをふまえて勉強していくと、大変楽しい学習になると思います。


 

 中学1年生で学習する教科で、特に英語と数学は、三年間の学習の基礎となります。基本を完全に理解しておくことがとても大切です。一年生の内容を知っておかないと、二年生に進級したあとの学習が理解できなくなる恐れがあります。数学と英語が不得意な科目にならないように、毎日の復習をしっかりしましょう。

英語


 単語は英語の基本です。習ったものはすべて完璧に書けるようにしてください。
 「be動詞」「一般動詞」を混同しないようにしてください。それぞれ否定文、疑問文の作り方が違います。学校のワークや問題集をすべて解いて、正解するようにしてください。一般動詞のときは動詞は原形であることなどに、注意して勉強しましょう。

 

数学


 1. 二学期(または後期前半)のうちに方程式の計算を完璧にできるようにしてください。また、少数、分数の問題は、特に計算ミスに注意する必要があります。

 2. 方程式の文章題はまず、教科書の基本問題を理解しましょう。例題の考え方を完全に理解してから、応用問題に取り組みましょう。

 

国語


 試験範囲の漢字は必ず覚え、確実に得点につなげたいものです。
 古文を学習した場合は、教科書に出てきた古典単語はすべて意味がわかるようにしましょう。また、現代語訳を見ながら「だれがどうしたのか」「人物の心情はどうなのか」などを一通り理解することが大切です。
 小説では場面ごとの主人公の心情を追うようにしましょう。 

理科


 第一分野では、有機物と無機物、金属と金属ではないものを区別する方法などを理解しましょう。また、「密度」の計算による求め方、グラフを読む問題はくり返し勉強するようにします。
 第二分野では、被子植物と裸子植物との違いをすべて答えられるようにしておいてください。特に根、葉、維管束の違いは重要です。代表的な植物の名前も覚えておいてください。

社会


 教科書の太字部分や、授業中に先生が強調していた部分は完璧に暗記しておきましょう。
 地理を勉強している人はただ単に地名や農産物、工業製品を丸暗記するだけではいけません。気候的要素、宗教や歴史的背景など様々な角度から見てみると、興味を持って勉強できると思います。
 歴史では飛鳥・奈良時代が試験範囲になる学校が多いようです。この時代の最重要人物は聖徳太子です。聖徳太子の業績についてはしっかり勉強しておきましょう。「冠位十二階」「十七条の憲法」について調べて、十分な知識を身につけておくことです。また、飛鳥文化の象徴である「法隆寺」「釈迦三尊像」なども教科書の写真などを参考にして覚えましょう。


2013年8月17日  1:25 PM |カテゴリー: お役立ち情報

Page Top