>>バックナンバーはこちら

 

子ども向けの本が大集合!

国際子ども図書館は、おおむね18歳以下の利用者を想定した“児童書”を専門に扱う国立の図書館です。
1906(明治39)年に帝国図書館として建てられた建物を利用した「レンガ棟」と、2015(平成27)年に竣工した新しい「アーチ棟」があります。
レンガ棟の改修設計とアーチ棟の設計に携わったのは、安藤忠雄建築研究所と日建設計です。
レンガ棟の背面はガラス張りになっていて、中庭から廊下の様子を眺めることができます。
 
図書館には、国内の図書約30万冊、海外の図書約10万冊をはじめ、雑誌や新聞など数多くの資料が収蔵されています。昔の貴重な本や、海外の作品なども豊富にそろっているのですよ。ホールや各閲覧室では、それぞれテーマに沿った展示も企画されています。皆さんの好奇心を刺激する一冊との出合いが、待っているかもしれませんね。
 

イベントも盛りだくさん!

国際子ども図書館では、各展示会の他にも、おはなし会(ストーリーテリングや絵本の読み聞かせ)、建物の見学などのイベントをたくさん企画しています。また、中高校生向けに「調べもの体験プログラム」も実施しています。クイズに挑戦したり、ストーリーを創作したりと、皆で楽しく学べる内容になっていますので、修学旅行の自由行動時間にこの体験プログラムを利用する中高校生も多いそうですよ。この特集では、体験の内容も紹介しますので、興味のある人はぜひ参考にしてくださいね!
 

レンガ棟の閲覧室を探検!

国際子ども図書館の福井さんに、館内を案内していただきました。レンガ棟を利用した閲覧室は、年齢やテーマに沿って児童書が集められています。
福井さん「図書館では、たくさんの蔵書を管理しています。閲覧室に並んでいるものは、そのうちの一部です。
1階の『子どものへや』にある児童書は、主に小学生以下の皆さんを対象にしています。
絵本や読み物、知識の本など、いろいろなジャンルを集めています。ドーナツ状に配置した本棚を一周すると、思いがけない一冊と出合えるかもしれません。
本の森を探検するような、ワクワク感を引き出してくれる部屋です」

絵本が世界とつながっている

「子どものへや」の隣にある「世界を知るへや」で、面白い発見がありました。日本の絵本が、英語、アラビア語、韓国語など様々な地域の言語に翻訳され並んでいたのです。福井さん「世界とのつながりを感じることができて面白いですね。国や地域によって文化や習慣が異なるので、挿絵が描きかえられているものもあります。
言葉はわからなくても、眺めて比べてみることで、発見できることもたくさんありますよ」
遠い国の子どもたちと同じ物語を読んでいると思うと、何だかうれしくなりますね。
 

膨大な蔵書を保存する書庫

国際子ども図書館には、たくさんの蔵書を保存するための書庫があります。福井さん「レンガ棟の2階と3階にある書庫では約40万冊、アーチ棟の地階にある書庫では約65万冊を保存できます。紙でできている本は適切に管理しないと、湿気で紙が波打ったり、カビがはえたり、照明で色褪せたりもします。そのため、書庫では一定の温度と湿度を保つなど、できるだけ長く保存するための工夫をしています」蔵書の中には、明治時代や大正時代に作られた古い本や、今は出版されていない貴重な資料も保存されています。このような文化的な財産を大切にして、後世に伝えていくことも図書館の大事な役割の一つです。
 

レファレンスを利用しよう

たくさんの蔵書の中から、目的の一冊を見つけ出すのは難しいですね。そんな時は、図書館のレファレンスサービス(調べもの相談)を利用してみましょう。レファレンスサービスを利用すれば、「読みたい本が見つからない」「このテーマで調べものをしたいけれど、参考になる本がわからない」などといった時、図書館員が協力して探してくれます。福井さん「レファレンスサービスも図書館の大事な仕事です。私たち図書館員は、目的の本が見つかった時の、皆さんの笑顔が大好きです。たくさん『ありがとう』と言ってもらえるよう、日々丁寧にサポートしています。ぜひ利用してください」
 
 
 
 
 

児童書の歴史をたどる

レンガ棟の2階にある「児童書ギャラリー」では、明治時代から現代までの児童書を展示しています。
昔の子どもたちが、どんな物語を読んでいたのか見てみましょう。皆さんのお父さん、お母さんが子どもの頃に親しんでいた一冊もあるかもしれませんね。
福井さん「この部屋は、昔は帝国図書館長が特別に許可した人しか入ることができませんでした。重厚な部屋のつくりも、見学を通してぜひ楽しんでください」
 

見学&体験に参加しよう!

国際子ども図書館では、館内の見学や「調べもの体験プログラム」などを実施しています。
見学では、閲覧室などはもちろん、6ページで紹介しているアーチ棟の書庫にも入ることができるのですよ。
図書館の舞台裏を垣間見ることができそうですね。
「調べもの体験プログラム」は、中学生向け3コース、高校生向け3コースが用意されています(参加は5名~)。
いずれも事前予約が必要ですが、修学旅行や校外学習の生徒の参加も多いです。
プログラムは「調べものの部屋」で行います。
中学生向けのコースでは、チームに分かれて調べもの対戦をしたり、クイズに挑戦したり、
外国語の絵本の絵を参考にストーリーを創作したりします。
高校生向けのコースでは、クイズに挑戦したり、利用者役と図書館員役に分かれてレファレンス体験をしたり、図書の魅力を伝えるPOP広告のコピーを考えたりします。
参加者が作成したPOPは、「調べものの部屋」にしばらく展示されるそうですよ。
福井さん「クイズなどのコースでは、本を調べて答えを探してもらいます。
インターネットでも答えが見つかる問題、逆にインターネットだと難しかったり誤りやすかったりする問題の両方があります。インターネットと比べながら本で探す面白さを感じてもらえることを目指しています」
参加者は友達同士で活発に話し合いながら、体験を楽しんでいるそうです。
皆さんもぜひ挑戦してみてくださいね!」
 
 
 
 

関塾に通いたい方

関塾で働きたい方

バックナンバー

協力校

Page Top